オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

補償内容

ペットの小鳥たち

ペット保険は、病院で病気の治療などを受けた時保険の適用があるようです。
また、保険給付金を受け取ることができますので、保険会社によって、給付金を受け取るための手続きは異なりますので、確認して下さい。

保険会社の補償内容なのですが、基本的にはどこの保険会社でも、手術にかかる費用や入院するための費用、病院にいって治療するための治療費などを補償してくれます。
他にも、ペット保険は、ペット火葬やペット葬儀、予防接種や去勢手術などにかかる費用の補償もあります。

ペット保険を選ぶ際はこの補償内容がしっかりしたものを選びたいという方がほとんどではないかと考えられます。

給付金

ペットの犬

ペットが病院にかかり、それから給付金を受け取ることができます。

その給付金の受け取り方の主な流れです。

・ペットが病気や事故などで病院にかかり治療する
・治療してもらったら病院から領収書等治療してもらいましたよという証明をもらう
・給付金の申請書と保険会社が定める必要書類を揃えて定められが場所に郵送する
・確認が出来ましたら、給付金が振り込まれる

と、これが一般的な流れになります。

他にも、保険団体と連携している動物病院では、給付金の申請等をしなくても自分が負担する料金だけを病院窓口で支払うといった方法もあります。

保険会社によってその方法は変わってきますので、自分たちの加入する保険会社に確認するようにしましょう。

自分たちのペットにはどの保険に入ったらいいのか難しいところではあるかと考えられます。
ペットの医療費だけではなく、ペットが亡くなった後のペット火葬やペット葬儀などの補償も充実している保険会社もあります。
ペット保険に加入している方がいれば、どういった補償内容なのかどこの保険会社がいいのか確認してみるのもよいでしょう。

火葬・葬儀

ペット

ペットも生き物ですのでいずれなくなってしまいます。
火葬やペット葬儀をどうやったらいいのかわからない方もいるのではないでしょうか。

まず、ペット火葬には、他の動物と合同で火葬しておんなじ墓地にいれる合同火葬、一匹だけの火葬をする個別火葬があります。

どのように火葬をしたいのか考えてみてください。

動物の火葬に立ちあって見送ることもできますし、立ち会いができなくて葬儀スタッフの方に火葬してもらうという事もできます。

他にも、火葬場にて火葬するのか、それとも自宅にて火葬したいのかということもどちらの方法でも火葬は可能です。

火葬方法を決めたら、施設に連絡して手続きを行いましょう。

ペット保険に加入している方は、その会社でなにかしら補償をしてくれる場合がありますので確認して下さい。

ペット葬儀

ペットの白い犬

ペット火葬をしてくれる業者には悪質な業者もあり、近年問題になっていますので、気をつけてください。

ペット葬儀を安全に正しく行うために以下のことを確認して下さい。

・ペットの葬儀にいくらぐらいかかるのか見積もりを出してもらう
・火葬はどのような流れで行うのか確認

ペットの葬儀をおこなう業者はいくつかありますので、どういった葬儀にしたいのか考え選びましょう。
家族の一員であるペット、最後まであたたかく見送りましょう。

また、ペットがなくなった場合、市役所にて届け出が必要になりますので、各市町村にどういった手続きが必要になるかの確認も忘れないで下さい。
ペット保険に加入している方も、ペットがなくなってどういった手続きが必要なのか確認しましょう。